2019年02月21日

2月4日東京・神奈川入試の記録

前日に発熱しタカコの体調は絶不調の4日目です。

併願校の手続きもあり、翌日の受験をどうするかも考えなければなりませんでした。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

東京・神奈川入試4日目
2月4日

前日夜、タカコの体調を考え、4日目の受験は見送ることに決めていました。

でも、私の往生際の悪さが出てしまいます。

本当に4日目に受験させなくて良いのか悩みました。

タカコにとっては憧れの学校の1つです。

入塾した当初に目標に掲げていた学校だったんです。

その学校に挑戦もできずに終わってしまったらタカコに悔いが残ってしまうのではないかと、余計な心配をしてしまいました。

Webでの情報を見ると、前年よりも出願人数が減っています。

もしかすると、コンディションが良好じゃなくても、どうにかなるんじゃないのかと錯覚してしまいます。

もちろん、出願人数が減ったとしても倍率はとても高く、簡単に合格できるようなものではないことは知っています。

でも、“もしかすると”に賭けてみたくなりました。

そして、4日目の朝、試験開始時間に間に合うようにタカコを起こしました。

本人もやる気を見せていましたが、やはりいつもよりも動きが緩慢というか元気さが少し足りません。

親の勝手なエゴで受験会場に無理やり連れて行こうとしたことを反省し、元のとおり、4日目の受験は見送ることにしました。

そこからタカコは再びおふとんに戻って、午前中はずっと寝ていました。

よほど体調が良くなかったのでしょう。

さて、午前中、とんび父さんは、合格をもらっていた学校の入学手続きに行っていました。

手続きの関係書類と入学金(二十数万円也)を持参して学校の窓口を訪れると、何度も何度もたくさんの「おめでとうございます」の声をかけてくださいました。

お昼頃に自宅に戻るとタカコはずいぶん回復した様子です。

熱も下がっていました。

その後、本人から、5日目の受験をしたいという申し出があったので、タカコにとって最後の中学受験に臨むことにしました。

夜にWeb出願をして、受験票を印刷して、あとは最終日の明日を迎えるだけです。


〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜

↓このバナーをポチっと押してもらえると“とんび父さん”の元気がちょっとUPします。
にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
にほんブログ村



posted by とんび父さん at 06:58| Comment(0) | 中学受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月20日

2月3日東京・神奈川入試の記録

東京・神奈川入試は3日目に突入です。

ここまでの結果は、合格が1、不合格が2、結果待ちが1です。
(埼玉,千葉を除く)

そして、この日は中学受験を考えるきっかけになった学校の受検でした。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

東京・神奈川入試3日目
2月3日

3日目にして、ようやく午前だけの受検です。

この日は公立中高一貫校になります。

やはり体調は万全ではなさそうです。

午後は塾で過ごすことを予定していますが、午前の検査を乗り切ってしまえば、午後は休息の時間に充てることもできます。

集合開始時間に合わせて自宅を出発し、受検会場の近くで塾の知っている先生に応援してもらい、少し嬉しそうにして会場に入って行きました。

さて、とんび父さんは近くで待機ではなく、2日目午前の合格証をもらいに移動しました。

合格をもらえた学校に到着すると、その学校の受験の真っ最中です。

試験会場の入り口とは違うところから入り、合格証と関係書類を受け取って、とんぼ返りで、タカコが検査を受けている会場に戻って行きました。

戻ってきてあまり時間を置かずに検査の終わりの時刻になりました。

今回は、受検番号順に解放されます。

比較的若い番号だったので、早めに合流することができました。

この日は気温が、ここ数日の中では高めだったのですが、会場から出てきたタカコは「寒い」と言ってます。

怪しいと思い、おでこに手をやると、やはり熱っぽい感じです。

元気そうにしてはいますが、結構きつかったのではないかと思います。

自宅に戻り、お昼ご飯もいつもより少なめの食欲でした。

やはり熱が出ていました。

午後に2日目午後のWebでの発表を家族で確認し、ここでも残念な結果に。

電話で塾にそのことを伝えるのと共に、発熱したこと、この日の午後に予定していた塾での勉強は見送ること、4日目の受験もパスして養生に努めることを伝えました。

これまでの状況を知っている先生は、この日はタカコの面倒をみるつもりで塾でスタンバイしてくださっていたので申し訳ない気持ちもありました。

夜には少し元気を取り戻したようにも見えましたが、やはり微熱は続いており、早めの就寝を促し、しっかりと休ませることにしました。

・・・ベッドに母さんが様子を見に行ってくれました。

タカコは泣いていたそうです。

親の前では平気な顔を見せていましたが、まだ12歳です。

体調不良のこと、不合格のこと・・・、全てを受け入れるなんて大人でも難しいのに、必死に頑張っていたんですね。

しばらく母さんと話をしたようで、気持ちを落ち着かせてから眠りについたみたいです。



〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜

↓このバナーをポチっと押してもらえると“とんび父さん”の元気がちょっとUPします。
にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
にほんブログ村



posted by とんび父さん at 07:05| Comment(0) | 中学受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月19日

2月2日(午後)東京・神奈川入試の記録

東京・神奈川入試の2日目は、初日の午前、午後両方の合格発表があり、さらに、この日の午前受験の結果も夜には発表される、一気に3つの結果が出揃う日でした。

タカコは体調が万全とは言えず、かなり厳しい2日目の午後です。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

東京・神奈川入試2日目
2月2日(午後)

2日目午後受験は、集合時間の30分前に到着するように、休憩していたデイユースのホテルを出発。

ちょうどその時間帯に、1日目午後に試験を受けた広尾学園の合格発表がWebで行われており、タカコの要望で確認することにしました。

結果は、・・・番号はありませんでした。

タカコは、動揺することも大きく落ち込む様子もなく、サバサバした感じで、試験会場に入って行きました。

この時点では、まだタカコには午前中に合格発表が行われた初日の午前受験校も不合格だったことは伝えていません。

これで、初日の2つを落としてしまった状況です。

初日の午前受験校は模試での合格可能性は80%だったので合格するつもりでいました。

このままでは、メンタル的に不安を覚えるので、タカコと合流する前に塾に電話し、初日は2回とも不合格だったことと、帰りにタカコと塾に立ち寄ることを伝えておきました。

2日目の午後受験を終えて、帰りながら初日の午前校も残念ながら不合格だったことをタカコに伝えました。

あまり、表情を変えずに受け入れていました。

帰りの電車の中で、自宅が近づいてくるにつれて、表情が曇っていったように思えました。

そして、嫌がっていましたが、塾に連れて行って先生とお話する時間を設けてもらいました。

先生は、過ぎた試験結果についてはほとんど触れず、同情するような声掛けもなく、とにかく次にどうするかを真剣にタカコと一緒に考えてくれました。

このタイミングで、この日の午前受験の結果がWebで公開されるということで、先生も一緒に合否を確認させてもらいました。

こちらは、受験番号がありました。

なんとか1校、合格をもらうことができました。

しかし、タカコの志望順位が高い学校は3日目以降にもあります。

そのために、次にするべきことを先生と確認し、明確になったことで、前を向くことができるようになったと思います。

その後、自宅に帰り、夕飯を食べた後に少しだけ、過去問を振り返ってから眠りにつきました。

〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜

↓このバナーをポチっと押してもらえると“とんび父さん”の元気がちょっとUPします。
にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
にほんブログ村



posted by とんび父さん at 06:52| Comment(0) | 中学受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月17日

2月2日(午前)東京・神奈川入試の記録

東京・神奈川入試の2日目は、タカコの体調は万全ではなかったようです。

そして、1日目に受験した午前校と午後校の両方の合否結果がわかる日です。

タカコが最もキツくて長かった1日だったと思います。

そして、塾の先生のサポートのありがたさが身に染みた1日でもありました。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

東京・神奈川入試2日目
2月2日(午前)

この日は、初日よりも30分早く起床。

タカコは前日の疲れの影響でまだまだ寝ていたかった様子です。

予定通りの時刻に自宅を出発し、予定通りの受付開始時間の10分前に試験会場に到着しました。

土曜日の朝ということもあり、初日の通勤ラッシュのような混雑はなく、電車は座って移動することができました。

試験会場の前にはおなじみの塾の先生方が両サイドに列を作って激励してくれています。

タカコも塾の先生と握手して、受験者の受付の列に並びました。
(今回は知っている先生はいなかったそうです)

受付の列が進んでいくと、建物入り口前にはお世話係の生徒たちと一緒に校長先生も受験生たちに挨拶をされていました。

受験票を確認すると、ここで受験生と保護者は別れます。

保護者控室は座席数が多く用意されれていることもあり、半数以上が空いている感じでしたね。

今回は、目を閉じてお休みされている方がたくさんいらっしゃいました。

2日目で皆さんお疲れなのでしょう。

この控室で待機している間に、Webで初日2月1日午前受験校の合格発表がありました。

結果は不合格。

タカコの受験番号はありませんでした。

本人は手応えがあったように言っていただけに少しショックを受けてしまいました。

そして、試験の時間が終わり、受験生との合流場所に向かいます。

受験生の解散は受験番号順ではなく、当日の受付順でした。

あらかじめその情報を知っていて、早めに会場に入っていたので出てくる時間も早めでした。

午後の受験校は公共交通機関を使うと乗り換えが多く、時間もかかるので、この時は学校近くでタクシーを拾って移動しました。
(あらかじめタクシー料金を調べるサイトで2千円ちょっとでしたが、実際は2千円弱)

お昼ご飯をコンビニで調達して、初日と同様に、あらかじめ予約しておいたホテルのデイユースにチェックインして部屋の中で過ごしました。

お昼ご飯を食べた後は、出発時間までタカコはお昼寝をして体力回復に努めることにしました。

<2日目午後につづく>


〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜

↓このバナーをポチっと押してもらえると“とんび父さん”の元気がちょっとUPします。
にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
にほんブログ村



posted by とんび父さん at 23:06| Comment(0) | 中学受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月16日

2月1日(午後)広尾学園受験の記録

東京・神奈川受験の初日だった2月1日は午前受験と午後受験のダブルヘッダーでした。

今回は、その初日の午後についてまとめました。

まだまだ2日目、3日目と書いて行こうと思いますが、今回に限り学校名を明かしますね。

「広尾学園」です。

広尾学園は、2月1日の午前に本科第1回の試験、午後に本科第2回目の試験が行われます。

タカコはその第2回を受験しました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

東京・神奈川入試1日目
2月1日(午後)

2月1日午後は「広尾学園」を受験しました。
rps20190216_203527.jpg

午後の試験開始30分前に会場に着くようにデイユースで利用したホテルを出発。

学校に到着すると受験者が多く混み合っている印象を受けました。

(と言っても埼玉や千葉ほどの大混雑ぶりと比べれば大したことないです)

学校のエントランスホールに塾の先生方が応援に並んでいます。

午後受験だからなのか、やや応援団の人数が少ない印象です。

1階のレストランは保護者控室にもなっていますが、ここで受験生は受験票のチェックを受けて教室へ向かっていきます。

タカコを試験会場に送り込んだあと、とんび父さんは再びホテルに戻りしばしの休息を取ろうと思い、学校を出て行こうとしたところで・・・

“スッキリ”の中学受験特集に登場していた「大維志くん」とすれ違いました。

彼は一人で試験会場に来ていたようで、受験モードの凛々しい表情で中に入って行っていました。

ホテルでつかの間の休憩ののち、試験終了1時間前に試験会場に戻り、解散まで待機しました。

せっかくなので、広尾学園の保護者控え室のことを書いておきますね。

+++++++++++

広尾学園では、1階レストラン,1階カフェテリア,地階アリーナを保護者控室として解放していました。

ただし、レストランや売店の営業は行っておらず、自動販売機で飲み物の購入は可能という状況です。

試験開始30分ぐらい前には1階のレストランとカフェテリアがほぼ満席状態になっていて、テーブルが無く椅子が並べてあるだけの地下のアリーナは空席が多かったので人が多いのが苦手な人はアリーナで待つのが良いかもしれませんね

保護者控室には、手指消毒スプレーとディスポーザブルマスクが置いてあり自由に使えるようになっています。

他にも、雑誌類、新聞がテーブルに置かれていて自由に読むことができるようにしてありました。

+++++++++++

試験終了後の、受験生と保護者の合流は地下のアリーナで行われます。

終了時間近くになると、学校側から案内があるので続々と保護者がアリーナに集まります。

受験番号順に200人づつ区切り、受験生が列になってアリーナに入ってくるので、自分の子供を見つけた保護者は近寄っていってピックアップするというシステムです。

とても合理的でスムーズに受験生と保護者が合流できます。

ちなみに、受験生の座席順は受験番号順ではなく、会場に到着した順に詰めて座っていったそうです。

ということで、午後受験終了後、問題なく合流。

タカコはとても疲れきっていました。

「何も考えたくない」「眠たい」を連発です。

帰りの電車の中でも、口数が少なく、とにかく眠たそうにしていました。

ところが、自宅に帰り、母さんとお話をしていると、元気を取り戻したようにたくさんおしゃべりをしていました。

この日は、2日目に備えて、いつもよりも少し早めに就寝となりました。


・・・。

今になって思い返せば、初日の午後受験終了後のタカコの疲労具合はいつもと違うものでした。

受験本番での緊張によるものだと思っていましたが、それは体調不良が原因だったということです。

それに気がついていれば、2日目の午前、午後のダブルヘッダーをどちらか1つに絞って、半日は体力回復のために休ませることができたかもしれません。

私自身が受験本番の雰囲気に飲まれてしまって冷静な判断ができなくなっていたんでしょうね。

タカコの中学受験サポートで反省すべき点の1つだと思います。


〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜

↓このバナーをポチっと押してもらえると“とんび父さん”の元気がちょっとUPします。
にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
にほんブログ村



posted by とんび父さん at 22:48| Comment(0) | 中学受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする